cat and dog

こわい回虫症

two white dog

回虫という寄生虫によって引き起こされる「回虫症」は、ネコやイヌにとって恐るべき病気です。ドロンタールを使い、しっかりと予防をしてあげることが家族を守るためにも必要不可欠となります。

虫への対処を忘れずに

nice dog

家の軒下でニャーニャー声がするので見てみるとネコが!
目が合うと警戒するけど動こうとしない。顔は小さいのに体が大きい。何となく柔和な顔つきをしている。そう、妊娠しているのです。
と、このような経験をしたことがある人も少なくないはず。なぜなら私がまさにそのような体験をしているからです。
「彼女」は我が家の軒下で子ネコを生み、残念ながら一匹しかきちんと成長することはできませんでしたが、今でも「彼女」が生んだネコは我が家のマスコット的存在です。母であった「彼女」自身は、子ネコを生んだあと、しばらくは子どもの成長を優しげな顔をして見守っていたのですが、やがて体調を崩してみるみる痩せ、ある日ふっといなくなってしまいました。

その辺までは、我が家の庭とかその周辺とかでネコちゃんたちは過ごしていたのですが、子ネコのみになってしまってからは本格的に我が家で引き取ることになりました。本格的に飼うことになってからしばらくして、私たちはやるべきことを始めました。ネコの居住環境を整えたり、ネコとたわむれるためのオモチャを用意したりといったことはもちろん、「彼」の健康を考えていろいろなことをしてあげました。特に、私が調べてやったことのなかでも一番印象に残っているのがドロンタールをのませること。ドロンタールはネコ、あるいはイヌの基本的な健康のために欠かせないものです。
回虫による病気を予防するために欠かせない薬が、ドロンタールなのです。
ここではドロンタールの効果について、その飲ませ方について、そしてこの薬で防げる回虫というムシについてもまとめていきましょう。

「ネコ用」をのませる

dog surprised

虫下し用のドロンタールには、ネコ用とイヌ用の2種類のものがあります。それぞれ成分が異なっているので、間違えずにのませることが肝心です。ネットで薬を買う場合には十分注意しましょう。

薬の注意点

lovely dog

ドロンタールは、いつでもどこでも何度でものませていいというわけではありません。のませるにあたっては用法用量が決まっており、「のませてはいけないネコ」もいるので注意しましょう。